不正受給がばれた場合

このエントリーをはてなブックマークに追加

失業保険を受給中にアルバイトをする場合には、失業認定申告書を記入して申告しなければなりません。

失業手当を受給しているのに、働いて収入を得た場合には、例え1回だけでもきちんと申告しなくてはいけません。もしも、申告しなければ、その時点で不正受給ということになります。また、認定日の数日前に就職が決まって働き始めて、それを申告せずに失業手当を受給するのも、当然不正受給になります。

申告すると手当を受給できなくなるのでは?と考える人もいますが、実は、アルバイトを申告しても失業手当を貰えるケースもあります

1日4時間未満で週20時間未満のアルバイトで31日以内の短期アルバイトであれば給料の金額によっては失業保険を受給できます

「失業保険の基本手当の金額+アルバイトの収入-控除額(1300円程度)」の金額が賃金日額(前職の給料の一日当たりの金額が目安)の80%未満であれば全額受給できます。また、80%を超えた場合も減額して支給されますが、「アルバイトの収入-控除額(1300円程度)」のみで80%を超えてしまった場合は支給されなくなります。

では、不正受給がばれてしまうケースにはどのようなものがあるのでしょうか。

就職やアルバイトをする時に、マイナンバーを雇用先に告知したり、雇用保険や健康保険の加入状況によってばれることがあります。特に、週に20時間以上に該当する仕事をしている場合には、ばれてしまう可能性が高くなります。

また、周りの知人や仕事関係の人が、失業保険をもらいながら働いていると知った場合、ハローワークに密告するということも多いようです。その他にも、ハローワークでは内定調査を行う部署もあるので、この線からばれてしまうこともあります。

もしも不正受給がばれてしまったら、受給者には罰則が課せられます。

不正受給が発覚した場合、まずは厚生労働省によって失業給付が差し止められます。さらに「不正受給で得た失業給付金」の返納が求められ、さらに罰金として「不正受給した失業給付金の総額の2倍」で返納金と合わせて3倍を納めなくてはいけなくなります。これは、いわゆる3倍返しと言われるものですが、この罰則は法律で決められているものです。

もしも支払わなかったら、厚生労働省の権限において資産の差し押さえが履行されることもあります。また、不正受給の手口が悪質だった場合には、詐欺罪が適用されることもあります。そうなると、逮捕という事態にもなりかねません。いずれにしても、失業保険の不正受給は犯罪行為となるので、絶対にしないようにしましょう。

失業中の方のお役立ち情報

失業中の方のお役立ち情報