銀行のカードローン

銀行のカードローン

銀行のカードローンのメリットとして挙げられるのが、まず銀行が直接運営しているという安心感があり、限度額が大きく金利が低いことです。
消費者金融の多くは最大利息を18%としているところが多いのと比較して、銀行のカードローンなら最大利息が15%程度と低く抑えられています。
限度額も消費者金融が300万円までとしているのに対して、銀行のカードローンは、500万円までというところが多く、中には800万円まで借り入れが可能としているところもあります。
さらに、総量規制の対象外なので、所得の3分の1以上の借り入れも問題なくすることができます。
そして、手軽に使用できることもメリットであり、審査に通りさえすれば限度額まで好きな時に好きな分だけ金融機関やコンビニエンスストアに設置されたATMで借り入れすることが可能で、返済もATMで済ませることができるのです。
申し込み方法も簡単で、インターネットで24時間365日受け付けているので、仕事などで忙しく金融機関に行く時間がない方でもパソコンやスマートフォンですぐに申し込めます。
また、保証人や担保が必要なく、早ければ申し込んだその日に融資を受けられることもあるのです。
銀行のカードローンには借りる側にとって多くのメリットがあると言えます。

失業中の方のお役立ち情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする