携帯代を滞納するとどうなる?

携帯代を滞納するとどうなる?

日本での携帯普及率が100パーセントを超えた今、成人で携帯をもっていない人はほとんどいなくなっています。
そんな中で、携帯代を滞納するとどうなる?という疑問に答えるべく調べてみました。
携帯代金が払えない時の流れを大まかに説明すると、まず支払期限を過ぎて代金が払われないと利用停止になります。
そして料金滞納から2~3ヶ月すると強制解約になります。
携帯が解約になっても支払い義務はなくならないので、携帯電話会社から委託された債権回収専門の会社から督促状が届いたり電話がかかってきたりします。
それでも支払いがされない場合は携帯電話会社が法的手段に出たり、裁判所からの支払い命令を無視した場合、差し押さえの強制執行が行われることもあります。
また最近は携帯電話本体の代金を分割で払う人も増えており、携帯代を滞納している人は携帯電話の使用代金だけでなく本体代まで滞納してしていることが多いようです。
この場合、ローン契約まで滞納していることになり、携帯電話会社だけでなくクレジット会社の信用情報のデータベースに登録されることになってしまいます。
そうなると将来クレジットカードを作れなくなったり、ローンを組めなくなる恐れがあるので注意が必要です。

失業中の方のお役立ち情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする