住宅ローン払えないとどうなる?競売通知って? | 失業手当の手続きガイド≪失業保険相談窓口≫

まだ住宅ローンを滞納していないが、将来的に払いきれるか不安だという方のための対処方法

まずは、あなたの家やマンションの現在の価値を調べる

電話や郵送物で督促されたら迅速に対応する

どうせ家を売るなら競売は回避して任意売却するべき

まだ住宅ローンを滞納していない。今をしのげば一時的に苦しいが何とかなるという方のための対処方法







失業中の方のお役立ち情報

住宅ローンが払えなくなるケースはさまざまです。
具体的には、勤務先の待遇の変化で返済プランが思うようにいかなくなり、あるいは、返済途中で思わぬトラブルに見舞われてローンの支払いがうまくいかずに、せっかくのマイホームを手離さなければならなくなるケースなどがあります。
そういった事態を回避するには、ローンを組む際に、長い返済期間のなかでどのようなことが起き得るかをリストアップし、もしそういった兆候が現れたりしたら、早めに対処することです。
たとえば、会社の残業代が大幅にカットされてしまい、あるいはボーナスの支給額が減って、とりあえずは生活していくのに精いっぱいとなり、ローンに回すお金が捻出できなくなってしまったというケースが最近では多いようです。
そんな中、月々の住宅ローンの返済は何とか対応できても、ボーナス月の返済の遅れがそのまま延滞となるケースが多く見られます。
それは、ボーナス支給を前提にローンを組むことが当然のようになっていて、それも上昇していく計算がされていることが多いという背景があるためです。このことはとりも直さず、住宅ローンの根底を支える日本経済の低迷の影響とも捉えることができます。
日本経済の低迷が続く現在は、より慎重に返済プランを立てる必要があるのです。
また、返済途中の思わぬトラブルとしては、離婚などがあります。
マイホームを夫婦でお金を出し合って購入する場合、最初は、幸せな家庭を築いていくために必要なものとしてお互いが納得して購入するはずです。それに、共有名義で手に入れれば、住宅ローン控除を受けることができるのです。
しかし、ローン返済の途中で、夫婦関係が悪化してしまって離婚することになれば、残りのローン返済の割合でトラブルになってしまうことが少なくありません。
一人だと返済が苦しく、二人の愛の巣も必要なくなることから返済をやめて売却するという考えも出てくるのです。
人生と同じで、住宅ローンの場合も、現在は、将来的にどのようなことが起こるかわからないということを十分に頭に置いて計画する必要があります。また、すでに返済している住宅ローンについては、破綻の兆候が現れだしたらすぐに対処することで効果が高まることがいわれています。

住宅ローン払えないとどうなる?競売通知って?一覧

NO IMAGE

業者との付き合い方

住宅ローンは長い年月をかけての買い物といえます。しかも、その間にトラブルのないように、最初から綿密なプランを立てて臨まなければなりません。...