住宅ローンに必要な計画的返済

住宅ローンに必要な計画的返済

住宅ローンは長期戦を強いられるため、計画性が何よりも大切です。
思い当たりばったりで住宅ローンを組んでみても、予期せぬことなどが起きてしまうと、その対処に困り、失敗に終わることも少なくありません。
住宅ローンでは、ローンの
支払い方法や支払い期間を決定しなければなりません。そして、決定要因として、自分の会社を定年退職する年齢、それに合わせてローンの返済を終えるまでの自分の収支の動きを把握することが大事なことになります。
計画的な返済を考える場合、毎月の返済額を一定にする元利均等返済は、大変分かりやすい返済方法といえます。
何よりも長い期間になる返済のプランづくりがしやすいということがあります。というのも、元金と利息の割合を変えていくことで、毎月の返済額が同じ金額となるため、毎月の収入が同じ給与所得者などには計算が簡単だからです。
ただし、返済の初めのころは、元利均等返済は、住宅ローンを借りる場合の一般的な返済方式ともなっています。借り入れ当初は、金利の占める割合が高くなってしまうという特徴があります。
要するに、元金がなかなか減っていかないというジレンマを感じてしまうかもしれないのです。
デメリットとしては、最終的には元金均等返済よりも返済総額が増えてしまうということがあります。
ただし、元利均等返済を大変有利にする活用方法があります。それは、繰上げ返済の利用です。特に、返済期間の初期の方でこれを利用すると、返済の負担をグッと減らすことができます。
また、現実的には、返済方法に加えて金利の選択も重要になってきます。
長い返済期間中の生活の変化に対応させながら、長期固定金利と変動金利をうまく合わせながら利用するといったテクニックなども必要になるのです。

失業中の方のお役立ち情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする