職場のいじめの対処法は?どこに相談する? | 失業手当の手続きガイド≪失業保険相談窓口≫

職場にあるいじめと、その判断基準とは何か

職場にいじめが横行していると、それだけ会社の雰囲気が悪くなり、生産性も悪くなります。正当なコミュニケーションだけではなく、裏のコミュニケーションなどが使われ、言葉や態度などが言ったまま、態度に出したまま了解しているとそれが違っていることもあり、邪推が必要となり、非常に意心地の悪い状態となります。

それでも職場にはいじめが溢れています。いつリストラされるかわからない競争社会で、人々は疲弊し、なんらかの攻撃する対象を見つけていたり、また、競争でなんとか人を蹴落とそう、自分が力があることを見せようとする傾向が職場のいじめをうむのかもしれません。

労務関係者としては、なるべく職場のいじめを放置せず、早めに対処することが必要ですが、本人がなかなかいじめを訴えない、また訴えられない状態に置かれている、加害者も被害者も「いじめではない」「嫌がらせではない」と否定するなど、完全に被害者が加害者のコントロール下にある場合、被害者からの正しい認知や報告が取れない場合もあり、問題を複雑にしています。

学校でのいじめもどんどんエスカレートしているように、職場いじめも被害者が怪我や病気をしたり、会社を辞めるまで続けられ、下手をすると会社を辞めてからも、肉体的、精神的いじめが続く場合があります。そのようなケースでは、早めにその事実に気づき、専門機関に相談、もしくはその理不尽な行動を認識し、いじめに対してなんらかの具体的な行動を起こすことが第一歩です。周囲の人は傍観者になりやすいので、その点もこの職場のいじめの顕在化を難しくしています。

職場のいじめの対処法は?どこに相談する?一覧

失業中の方のお役立ち情報