どうすればもらえる?

どうすればもらえる?

雇用保険の受給者として認定されるには、どうすれば良いのでしょうか。
重要なことは、「働く意思は十全にあり、いつでも働ける健康状態であるのに、就職することが出来ない」という状態にあるか、ないか、ということです。この状態にある、ということを示すことが出来なければなりませんし、これを示すことが出来るなら、基本的に雇用保険を受給することはできます。自分がこの状態である、と思うならば、ハローワーク窓口での適正な手続きを経て、雇用保険を申請しましょう。ただしその際には、雇用保険の被保険者であった期間が過去2年のうちで通算12ヶ月以上である必要があります(特定受給資格者・特定理由離職者の場合は、過去1年間に通算6ヶ月以上が条件)。
よく、雇用保険受給に際して、前職の離職理由が自己都合か、会社都合かという面が取りざたされますが、これも「働く意思は十全にあり、いつでも働ける健康状態であるのに、就職することが出来ない」という状態を示すために、後者がより有効であるということなのです。 
したがって、実は、病気などの理由で「すぐには就職できない」ような状態にある場合には、雇用保険、とりわけ求職者給付を受給することはできません。育児休暇や介護休暇である場合には、雇用維持給付という給付がもらえる可能性はありますが、例えば専業主婦であるとか、受験勉強中であるといった、「自分の意思で就職していない」という場合には、当然と言えば当然ですが、雇用保険を受給することができません。

失業中の方のお役立ち情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする