アルバイト・パートはもらえるの?

アルバイト・パートはもらえるの?

 雇用保険の基本手当ては、雇用保険の被保険者であるならばパート、アルバイト、契約社員といった立場の人でも、給付されます。基本手当の額面は、離職からさかのぼって過去半年分の給与の額に応じますので、一般正社員に比べると、基本手当の給付額は見劣りするかも知れませんが、しかし、もらえるものはもらえます。
 パートやアルバイトの立場であっても、週の所定の労働時間が20時間以上であり、かつ31日以上の雇用が引き続き見込まれる人であれば、雇用保険に加入することができます。それどころが、事業主は、この条件を満たす労働者を雇用保険の被保険者として届け出なかった場合、法的には6か月以下の懲役または30万円以下の罰金を課せられることとなっています。ただ、この法律の実効力は必ずしも強いものとは言えませんので、「加入していなかった」となる前に、自分が週20時間以上(フルタイムで3日働けば該当します)働いており、向こう1ヶ月以上働く意思があるならば、雇用保険加入の有無について事業主に相談するべきです。その際、事業主が面倒な顔をしたり、取り合わなかった場合には、当然ハローワークに通報すれば事態は是正されます。当然、そのような態度を取る事業主と今後付き合うかどうかということ自体も、その際には良く考える必要がありますね。
 パートやアルバイトは、何せ賞与があるわけでもなく、その割には多くの業務や責任を負わされますから、短期で辞めてしまうケースが正社員である場合よりも多いと思います。
ただ、会社都合ややむを得ない自己都合であれば、正社員と同様、特定受給資格者、特定理由離職者の条件が適用され、過去通算6ヶ月の被保険者期間であっても申請できますから、自身が半年以上雇用保険に加入しているのなら、雇用保険の申請が十分、選択肢に入ってきます。

失業中の方のお役立ち情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする