失業保険を受給すると扶養からはずれる?

失業保険を受給すると扶養からはずれる?

たとえば夫の扶養に入っていて妻も働いている場合は、103万円の壁とか130万円の壁というような扶養に入れる年間の収入を気にすると思います

このようなケースで妻が退職した場合も失業保険の基本手当を貰うことが出来ますが、この手当は扶養の条件となる収入と見なされるのでしょうか。

雇用保険の基本手当は、「収入」や「給与」とは当然、性格の異なるものです。基本手当は非課税であるため、税金の支払いにおける「扶養」とは無関係です。仮に基本手当の給付が1月から12月までの間で103万円を超えていたとしても、税金支払いの扶養からはずれる必要は、ありません。

ところが、健康保険および年金保険においてその支払いが免除される「扶養」の認定に際しては、この雇用保険の基本手当もばっちり「収入」の内にカウントされることになります。

現在、健康保険および年金保険において被保険者の扶養に入ることが出来る条件は、その年収が、被保険者の1/2未満であり、かつ130万円未満であることが条件です。したがって、基本手当において所定給付日数と、基本手当日額をかけた額が130万円を超えていたり、被保険者の年収の1/2を超えているような場合には、健康保険および年金保険の扶養からはずれ、健康保険・年金保険の保険料を納めなければなりません(ただ、いずれの保険料も、失業等の条件を鑑みて相応の減免が行われるはずです)。

もちろん、例えば待期期間と給付制限期間の1~3ヶ月の期間は、無収入かもしくは見込み年収が130万円を下回る状態でしょうから、この間は扶養でいることが可能ですし、給付日数を終えた後にも無職であった場合にも、再度扶養に戻ることが可能です。基本手当の給付を明かさずに、扶養を続けてバレずに通すことも実際的には不可能ではありませんが、そのような虚偽申告が発覚した場合、虚偽の申告を行っていた期間に利用した医療費の全額等を、過去にさかのぼって返還しなければなりません。雇用保険を不正受給した場合のペナルティも重いものですが、こちらもなかなかに重いものです。

失業中の方のお役立ち情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする