定年後に失業したとき

定年後に失業したとき

求職者給付のうちには、「高年齢求職者給付」というものも、あります。
この制度における「高年齢継続被保険者」というのは、雇用保険の被保険者のうち、65歳になる以前に雇用されており、かつ同じ事業主に、65歳になって以降も雇用され続けていた人のことを指します。このような被保険者が、失業してしまった場合に給付されるのが、「高齢者継続被保険者」です。
 わざわざこのような「高齢者」の枠が設けられているのは、求職者給付における「基本手当」が65歳以上の雇用についてカバーしていないからです。通常、65歳以上は定年退職の年齢にあたりますから、いわば「仕事を辞めていて当然」という認識になるわけです。しかし視点を変えれば、65歳を過ぎてもなお、事業主に雇用されていて、なおかつ失業してしまった人というのは「働く意思と能力があるにもかかわらず、働けない」という「失業状態」にカウントし得るのではないか、とも言えます。「高年齢求職者給付」は、このような高齢でありながら働く意思を持つ人を、支援する制度として存在しています。
 この給付においては、被保険者であった期間が1年以上であれば50日分の、1年未満であれば30日分の給付を受けることができます。給付される額は、一般の基本手当の算出方法に準じるものです。この高年齢求職者給付では、基本手当と同じくハローワークにて求職の申し込みをする必要はありますが、失業認定は1回限りでかまわないとされています。

失業中の方のお役立ち情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする