年をとってからのサポートする雇用継続給付

年をとってからのサポートする雇用継続給付

「高年齢雇用継続給付」もまた、就業中の雇用保険による支援として、基本手当残額から給付される「就職促進給付」とは別の形態をとる給付制度です。これは「雇用継続給付」と呼ばれるもののひとつです。
 「高齢者雇用継続給付」は、さらに類別すると、「高年齢雇用継続基本給付金」と、「高年齢再就職給付金」の2つに分かれます。このいずれも、年齢が60歳以上65歳未満。雇用保険の保険者であった期間が5年以上(5年に満たないときは、5年を満たしたその月から支給対象期間となり、期間の持ち越しはできません)。そして、60歳以降の賃金が、60歳の時点にくらべて75%未満に低下していること。低下した後の賃金が毎月343、396円未満であること。といったことが給付の条件となります。
 高齢者雇用継続基本給付金において給付される額面は、60歳以降の賃金が、60歳時点の賃金からどの程度下落したかによって、変わってきます。61%以下に下落した場合では、毎月の賃金の15%が給付されます。61%より多く75%未満である場合には、毎月の賃金の15%未満の額が、その率に応じて算定されます。高齢者雇用継続基本給付金は、60歳から65歳に達する月まで支給されることになります。
 高年齢再就職給付金は、基本手当を受給している状態で、60歳以降に再就職したばあいに給付されるものです。あくまで再就職が条件ですから、離職しただけで給付されるものではありません。また給付された基本手当の残日数が100日以上であることが条件となります。60歳以降に就職した月からかぞえて、1年もしくは2年を経過した月まで給付されます。65歳以上の給付はおこなわれません。

失業中の方のお役立ち情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする