雇用保険受給のおおまかな分類

雇用保険受給のおおまかな分類

 雇用保険とひとくちに言っても、この制度から給付される資金・サービスには、およそ4つの種類があります。それは「求職者給付」「就職促進給付」「教育訓練給付」「雇用維持給付」の4つです。それぞれ、簡単にみてゆきましょう。
 一般に「失業保険」とよばれているのが、「求職者給付」です。失業状態になった保険者の生活費を新たな雇用につくまでのあいだに補うための給付です。また就職のための技能習得講座も提供しています。この求職者給付は、雇用保険制度の一番の肝とも言えます。
 「就職促進給付」のほうは、求職者給付の受給期間中に就職することができた場合、求職者給付の残りの給付分を、「就職後」の安定した就業状態を支援するべく、給付する制度です。就職後は、何かと不安定ですし、就職した企業が非正規であるという場合もあります。また障害を持つ労働者など、就業後の定着に困難をかかえる人々を支援するという意図もあります。
 「教育訓練給付」も「就職促進給付」とおなじく「就職中」に支給されるものです。これは厚生労働大臣指定の技術取得講座を受講する際に、その費用の一部を給付してもらえるという制度です。
 最後の「雇用維持給付」も「就職中」に支給されるものです。たとえば、高齢によって給与支払いが一挙に下がってしまうケースや、育児休業、介護休業が必要な場合、その間の生活を支援することを目的に、資金の給付が行われる制度となっています。
 強調すべきことは、雇用保険という制度は、何も失業期間中だけの支援ではない、ということです。その点を考慮に入れながら、各給付の詳しい内容を見てゆくことにしましょう。

失業中の方のお役立ち情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする