再就職手当とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

何らかの理由で職を失う人は多くいますが、そのような人たちの再就職を促進をさせる目的で作られたのが失業保険の再就職手当です。失業保険を支給されている人が、長期雇用の見込める会社に再就職した場合、もしくは事業を開始した場合に一括でもらえます。ただ、再就職手当をもらうための条件は非常に多く、1つ目の条件は7日間の待機期間後に就職する、或いは事業を始めることです。2つ目の条件は支給残日数が所定給付日数の1/3を超えていることで、これは早期の再就職を促すための条項です。また、支給残日数が所定給付日数の2/3以上の場合と、1/3以上2/3未満の場合では再就職手当の額が変わってきます。

3つ目の条件は離職の原因である会社、もしくはその会社と資本や人事などで密接な関係にある会社に再雇用されていないことです。4つ目は給付制限期間がある人に絞ったもので、待機期間満了後1ヶ月以内に限ってはハローワークや転職エージェントの紹介での就職でないといけません。5つ目は1年以上の勤務が確実であることですが、雇用期間が1年未満で条件を満たせば雇用契約が更新されるようなケースは5つ目の条件には該当しません。

6つ目は雇用保険の被保険者になっていることで、7つ目は直近3年以内に再就職手当、常用就職支度手当を受給していない8つ目は求職申込み前に採用が内定していないことで、求職申込み後に見つけた仕事でないといけません。9つ目は再就職手当の支給が決定した日までに離職していないことで、この9つが大まかな条件です。

失業中の方のお役立ち情報

ページの先頭へ