就業促進定着手当とは?

就業促進定着手当とは?

再就職で、前職よりも給与が下がるケースは多くあります。特に、解雇や会社の倒産などで職を失ったケースでは、家族を養うためにやむなく給与が安いところに再就職することも珍しくはありません。就業促進定着手当は失業保険の支給を受けていて、前職より給与が低くなった人向けの手当です。

就業促進定着手当をもらうための条件は3つあり、1つ目の条件は再就職手当を受給していることです。再就職手当は失業保険の支給を受けている人が長期雇用見込みで再就職した場合、事業を開始した場合にもらえます。そして2つ目の条件は再就職してから6ヶ月間、同一の事業所で雇用保険の被保険者に該当し雇用されていることです。事業を開始して再就職手当をもらった人の場合、この2つ目の条件には当てはまらないので就業促進定着手当は受けられません。そして3つ目の条件は先に記載した前職より給与が下がっていることで、この前職の給与については雇用保険受給資格者証の離職時賃金日額に記載されています。

離職時賃金日額には上限と下限が設定されているので、下限を下回っているなら下限額が、上限を上回っているなら上限額が離職時賃金日額として扱われるのです。離職時賃金日額から再就職後6ヶ月の賃金の1日分を差し引き、賃金支払基礎日数をかければ就業促進定着手当の額が求められます。就業促進定着手当は再就職手当と同じく手続きをしないと支給されないので、条件に当てはまっているなら忘れずに申請しましょう。

失業中の方のお役立ち情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする