失業保険の受給期間

失業保険の受給期間

失業保険の受給には雇用保険への加入履歴が必要ですが、雇用保険には一般被保険者や短期雇用特例被保険者などがあります。これは給付日額の計算などが違ってくるのですが、給付される期間については、退職の理由によって大きく変わってきます。自己都合による退職の場合、予め予定していたもので再就職までの期間が比較的短くなりますが、会社都合の場合は急に退職することが多いため、その分給付期間が延長されていると考えるといいでしょう。具体的には、給付日額は年齢・勤続年数・平均給与額で算出され、給付期間はこれに退職理由が付け加えられるということですね。

自己都合などで退職した場合、「一般受給資格者」と呼ばれます。給付期間は、労働期間が1年以上5年未満の場合は90日、10年以上20年未満なら120日、20年以上の場合は150日になります。一方、倒産やリストラによるものなどの会社都合による退職の場合は「特定受給資格者」と呼ばれ、労働期間が1年未満であっても給付されることがあり、その場合は90日になります。またこちらは年齢によっても分けられており、45歳以上60歳未満で労働期間が10年以上20年未満の場合は270日、20年以上では330日の間、失業保険を受給することが出来ます。

このように、自己都合と会社都合では受給期間が大きく変わってきますから、受給額がその分違ってきますね。会社都合という場合は主に破産・民事再生・会社更生など、事業所の移転で通勤時間が4時間を越える場合などが含まれますから、しっかりと区分して申請してください。

失業中の方のお役立ち情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする