失業手当の給付額

失業手当の給付額

退職して失業手当の給付を受ける予定の人にとっては、実際に幾らくらい給付を受けることが出来るのか気になるところですよね。これは退職前の賃金、つまりもらっていた給料の額と年齢によって定められています。失業手当は正確には「基本手当」と呼ばれますが、この基本手当の金額には算出方法があるんですね。

まず、退職前にもらっていた給料のうちボーナスを除く分を180日で割ります。これを「賃金日額」といいますが、これには残業代や諸手当(住宅手当や家族手当)も含まれます。この賃金日額は年齢によって上限と下限の金額が決められており、例えばとても高い給料を頂いていた場合でも、この限度によって制限されます。下限はほぼ一律2080円ですが、上限は30歳未満の場合12790円、45歳以上60歳未満では15620円と幅を持たされています。

この賃金日額に、別途定められている給付率をかけたものが基本手当日額となります。1日あたりにもらえる給付金の日額ということですね。これも年齢によって異なりますし、賃金日額によっても45%から80%までの間で給付率が変わってきます。60歳未満で賃金日額が1万円の場合で基本手当日額が4、5千円程度の計算になるのですが、このあたりは細かい算出方法によって計算されていますから、予め知りたい場合はハローワークに問い合わせてみるのが確実ですね。大まかな目安として一般的な例を挙げてみると、平均的な給料をもらっていた40歳の方の場合で、基本手当の日額は7千円前後といったところになります。

失業中の方のお役立ち情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする