失業保険の受給手続

失業保険の受給手続

失業手当をもらう為の手続きは、全てハローワークで行います。雇用保険に加入していた場合は会社を辞めたときに「雇用保険被保険者証」というものをもらえますので、まずはこれが必要になります。これは健康保険の保険証と同じ意味合いを持つものですね。もし貰った覚えがない場合、勤めていた会社に連絡すればすぐに手に入れることができます。この雇用保険被保険者証がもっとも大切なものとなりますが、他にも幾つか必要な書類などがあります。

・雇用保険被保険者証・身分証明書(運転免許証など)・証明書用の写真2枚・銀行の普通預金口座の通帳・離職票この5点が必要になりますが、身分証明書や写真などは一般的なものですから問題ありませんね。銀行通帳は失業手当を給付してもらうのに必要なのですが、ゆうちょ及び一部の外資系銀行では受け付けてもらえませんから注意が必要です。離職票は会社を退職した際に発行されるもので、普通は退職から10日前後で発行されます。会社側が雇用保険関連の手続きを行った後に発行されますから、辞めるその日に発行されるわけではありません。

これはうっかりすると紛失してしまいがちな物ですから、無くさないようにしっかりと管理してください。この発行は雇用保険に加入している会社に義務付けられているものですので、もし発行されていないなら会社に請求することができます。基本的な失業手当の受給手続きは以上のようになり、書類さえ揃えばハローワークへ持っていくだけといった感じですね。

失業中の方のお役立ち情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする