ボーナスをもらってから退職するには

ボーナスをもらってから退職するには

退職の理由は様々ですが、なるべくならボーナスをもらって気持ちよく退職したいものです。ボーナスをもらってから退職するためには、単純にボーナスを受け取ってから退職願を出すのが最も効率的です。転職を前提とした退職の場合は、ボーナス支給日の3ヶ月前くらいには転職活動を始めるとよいでしょう。

賞与支給のルールがしっかりしているところなら支給日の前に退職願を出してもよいのですが、中小企業だとボーナス前に退職願を出すと経営者の一存で減額されるケースもあります。また、ボーナスを受け取るには支給日の時点で会社に籍がなければならないと、支給日の在籍に関する条項がある会社も珍しくはありません。ボーナスはもらいたい、でも1日でも早く辞めたいと考えている人の場合は、この支給日の規定があるかを確認しておく必要があります。ボーナスをもらってから退職するのが効率的ではあるものの、支給日の翌日などすぐに退職願を出すのは問題です。

会社の人間とは今後一切関わることがないと断言できるケースなどそう多くはなく、なるべく円満に退職しようとする人が多数です。ところが、ボーナス支給後にすぐに退職願を出してしまうと、ボーナスをもらって逃げ出したと捉えられてもおかしくはありません。そのため、ボーナスをもらってから2週間程度は間を空けて、また引き継ぎにも十分に時間をかけるのが重要です。転職先が同じ業界の場合は、悪評が立たないように特に注意しておく必要があります。

失業中の方のお役立ち情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする