看護師辞めたい!でも看護師に戻る理由

看護師辞めたい!でも看護師に戻る理由

看護師は一般の職業と比較すると転職の頻度が多いと言われています。

医療業界の人手不足から売り手市場と言われている看護業界ですが、実際には75%もの人が看護師を辞めたいと考えた事があると言います。

厚生労働省でも看護師へのアンケート調査を行い解決策を探っています。

それはどのような理由からなのでしょうか。

やはり第一には、日勤だけでなく、夜勤や業務自体が激務であることが挙げられます。

看護師は、最近では9Kとまで言われる過酷な現場で働いています。

残業や居残り、シフトの関係で休みや休日なども思うように取れなかったりするとプライベートを犠牲にする事も多く、自分自身のワークライフバランスもくずれ、精神的にも肉体的にも気持ちと体力が限界になり、辞めたいと思う人が多いのが現状です。

保健所や介護施設では、任せられる責任や業務も多いですし、比較的規模の小さい病院やクリニックでは外来勤務と病棟勤務を兼務するなど、患者だけでなく医師や師長との関係もうまくいかないとストレスが増大して不満が蓄積していきます。

また、外科手術などを担当する看護師はミスの許されないプレッシャーが重荷になるという場合もあります。

また、人間関係が退職理由というケースもあります。

どのような職種でも人間関係の善し悪しで職場の雰囲気なども大きく変わりますが、特に看護師では過酷な重労働の上、人間関係に悩みがあると精神的にもつらく退職したくなってしまいます

新人ナースなどは、医師や師長ら加えて先輩看護師や上司からのパワハラやいじめなどがあると精神的にも追い詰められ、ひどい場合はうつ病になったりする人もいます。

他には、仕事のやりがいや給料などの待遇面が理由に上がります

経験を積むにつれ、責任はどんどん重くなるけれど給料はなかなか上がらない事や、施設などでは介護職の人と比べてもさほど差異がない事もあり、退職を考える人もいます。

年収や給与を上げていくには、キャリアを積んでスキルアップしていくことが不可欠ですが、満足できる仕事を任せてもらえない場合など、収入アップを目指して転職する方も少なくありません。

結婚や出産で育児と両立させるために離職する方もいますし、逆に離婚でシングルマザーになって看護師の仕事で収入を確保したいという事情の方もいます。

家庭と子育てと両立させるには、子供を保育園や託児所に預けることが必須になりますが、子どもを預かってもらえず、学校に入学するまで休職する方も少なくないです。

自治体だけでなく民間でも女性が子育てと両立できるように支援活動を行っていますが、まだまだ十分ではないのが現状です。

ただ、このような理由で一旦看護師を辞めて異業種に就職する人も多いですが、看護師という職業は魅力的なものであることは確かです。

看護師以外の他業種の方が給料面で低かったり、職場環境の待遇も悪いことが少なくなく、結局、元の看護師の職に復帰したいと考えて復職するという人も多いです。

失業中の方のお役立ち情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする